風邪をひきがちな原因かも | ビリビリ腰痛は敷布団でどこ吹く風|シャキッと過ごせます

ビリビリ腰痛は敷布団でどこ吹く風|シャキッと過ごせます

女の人

風邪をひきがちな原因かも

さまざまな不調を招く

ウーマン

低体温は身体に様々な悪影響を与えてしまうと言われており、50年前は日本人の平均体温は36.8度あったと言われているものが現在では高い人でも36.2度前後となってしまっていると言われています。一般的に体温が36度以下の場合に低体温と呼ばれており、免疫力の低下による感染症や身体の中の酵素が上手く働けなくなるので消化が鈍ってしまったり疲れやすくなってしまうと言われています。また、低体温の女性に多いのが肌荒れなどの美容面での悪影響が出てしまうことです。これは体温を保つために身体の表面の血管を補足してしまっていることで血行が悪くなっていることが原因だと言われています。低体温を改善することができれば、肌荒れなどの症状も改善されていくと言われています。

栄養と入浴を見直そう

低体温の改善には毎日の生活の中でちょっとした工夫をするだけで良く、そう難しいものではないと言われています。最初の改善点は食事です。食事の内容が偏ってしまい、ビタミンやミネラルの不足が低体温を引き起こしてしまう原因となっているとも言われており、必要な栄養素の不足が体の中で熱の生成不足に繋がってしまうのです。バランスの取れた食事を心がけましょう。特にダイエットは必要な栄養素が不足してしまうことがありますので特に注意が必要です。次の改善点は入浴です。シャワーだけで済ますのではなく、毎日湯船につかるだけで血管が開き、体温が上昇します。体調などに合わせて10〜30分程度の入浴を心がけてみましょう。長湯がニガテだという人は、岩盤浴なども身体の内側から体温を上げることができるのでおすすめです。

Copyright © 2016 ビリビリ腰痛は敷布団でどこ吹く風|シャキッと過ごせます All Rights Reserved.