ビリビリ腰痛は敷布団でどこ吹く風|シャキッと過ごせます

ウーマン

貼って寝るだけで快調

足

貼って寝るだけで体の不調が整うと人気の樹液シート。足の裏に貼る事で、眠っている間に体中の毒素を吸収してくれます。余分な水分を吸収することで、むくみにも効果があるようです。足裏マッサージは痛くて無理、という方も手軽にお試しできますね。

Read More

Associated Link

  • 極上の寝心地 睡眠改善おすすめ敷布団・マットレスガイド

    辛い腰痛は敷布団選びを慎重に行なって改善させましょう。眠っている間に、痛みを優しく緩和してくれますよ。

風邪をひきがちな原因かも

ウーマン

低体温は免疫力の低下や肌荒れなどを引き起こしてしまいます。改善方法はそう難しくなく、バランスの取れた食事を行ってダイエットなど過度の食事宣言には注意をすることと、毎日湯船につかって身体を温めることを心がけるだけです。

Read More

腰を痛めないための寝具

布団を替えると効果がある

睡眠

腰痛の原因には色々ありますが、意外と知られていないのが生活習慣です。1日中デスクワークをしている人は椅子に座りっぱなしなので腰を痛めやすくなります。また前傾姿勢が多い仕事をしている人も同じです。人間の骨格は背骨で重たい頭蓋骨を支えているので、前傾姿勢が続くと腰に負担がくるのです。最も注意が必要なのは敷布団です。人間は1日8時間の睡眠が必要だと言われています。1日の3分の1は寝ていることになります。1年にすると4ヶ月は寝ているのです。一生に換算したら大変な時間を寝て過ごしているわけです。ですから敷布団が身体に合っていないと腰痛になりやすいのです。もし長い間腰痛に悩まされていてなかなか改善しない場合は、とりあえず敷布団を替えてみることが大事です。

身体を支える理想的な布団

寝る時には必ず敷布団を使いますが、そう頻繁に取り替えるものではないのです。使い続けていると腰の部分だけが凹んでしまったり、全体の弾力が落ちてしまいます。そのような敷布団を使い続けると腰痛の原因になります。身体全体を支えることができなくなってバランスが悪くなるからです。腰痛にならないためには、一定の硬さがあって一部だけが凹んだりしないように突起状の構造になっている敷布団が適しています。また人間は寝ている間に大量の汗をかくので敷布団が吸い取ってしまいます。頻繁に日干しをすることによって、腰にやさしい弾力性を保つことができます。敷き布団に気をつけるのと同時に、腰回りを冷やさないことも大事なことです。

低体温を解消しよう

女性

体温を上げる方法は、食事や生活スタイルを見直すということが中心となります。すぐには効果を実感することが出来なくても、続けていくことで効果を実感することが出来るでしょう。無理なく行うことが出来る方法を取り入れましょう。

Read More

Copyright © 2016 ビリビリ腰痛は敷布団でどこ吹く風|シャキッと過ごせます All Rights Reserved.